FINE VISUAL & DEAREST ONLINE SHOP

  • カートを見る
  • 送料無料まで
    あと10,000円(税込)

    あと12,000円で500円引き

    数量0/合計金額 0

ようこそ、ゲストさん

サイエンスボーテの想い

サイエンスボーテの根本にある、ゆるがない 想い。ゆずらない、ゆずれないこだわり。

こだわり1

肌がキレイになる=生き方が変わる

大坂が肌で悩んでいたころ、着る服も地味になり外に出なくなりました。目を合わせられずうつむきがちでいたためか、 やや猫背ぎみになり、今でもそのクセが抜けていません。
東洋医学で「皮脳同根(ひのうどうこん)」という言葉があります。本来は皮膚と脳の根源は同じという意味ですが、美容上では「外見の美」と「心」が直結しているという意味です。肌がキレイになるということは、生き方そのものが変わるのです。 他人と比べなくても、自分にとってベストな素肌が今以上に自分自身の気持ちや行動を変えてくれると思っています。

こだわり2

母に、娘に、友だちに自信を持って渡したいものづくり
美容液 美容化粧水 美容クリーム

ものづくりは「人が想いを抱き、考えて、試作をくり返し、形となって出てくるもの」だと話す大坂。「その人の考えや性格が出てくるものだと思います。
身近な人、お世話になった人に『手作りで作るなら?』一生懸命考えて作りますよね。製品作りも一緒なんです。使う人の笑顔をいちばんに思い浮かべるんです」とつづけます。
自分が使って良いものは人に伝えたいと思いますよね。
モノがあふれている世の中で、「サイエンスボーテの製品なら
まちがいない!」と思っていただける製品作りを目指しています。

こだわり3

No.1より一人ひとりに気に入ってもらえる商品を!
ラジオ

「ご利用者数○万人突破」「売上No.1」といった広告を世間でよく見かけます。
しかし、そういったことに大坂は興味がありません。
「使っていただいたご本人様に本当に気に入ってもらえることが何より嬉しい」というのが本音。
大ヒットよりも「ラジオを聞いて買ってよかった!」。その一言がいちばんの励みです。

こだわり4

コンプレックスを抱えた方の応援をしたい
―ドクターズコスメにかける想い―

以前通っていた福岡・赤坂にある皮膚科の待合室。うつむきがちに週刊誌を読み、じっと名前を呼ばれるのを待つ患者さんの姿。平日とは思えない人の多さに大坂は驚いたと言います。
自分と同じように肌に悩みを抱えた人がこんなにたくさんいる―今でも忘れられない場面です。
自分のようにコンプレックスになってほしくない。
深く悩む人の助けになるのは、サイエンス(科学の力)が必要だと確信しました。
「ラジオに出演して『肌が変わる』『調子が良くなる』というきっかけを作りたい」“肌で悩む人の応援をしたい” という思いが大坂のみならず、社員全員の原動力になっています。

こそ~っと!裏ばなし

こそ~っと!裏ばなし

ラジオの現場では…

全国のパーソナリティーから大坂宛に届いたたくさんのお礼の声

大坂がラジオ出演の際に大事にしていることがある。
パーソナリティに、番組出演の約1~2ヶ月前から必ず製品を使用してもらうことだ。
余計な演出をせず、パーソナリティ個人の実感エピソードを伝えてもらうことで、リスナー様にうそをつくことなく、安心して自分らしく話してもらうためである。
その口コミからかディレクターや番組スタッフからも注文をいただくことも多い。
いちばん長いパーソナリティとのお付き合いは7年目に入った。本音で向き合う大坂のこだわりである。

「本当はご愛用者の声を出したくない」2つの理由

今ではどこでも見かけるご愛用者の声。実は大坂は出したくないという。
理由の1つは、肌で悩んでいた頃、化粧品やサプリメントのチラシに書いてあったご愛用者の声を参考にしていろいろ試したが、一度も同じ実感を得たことがなかった過去があるため。もう1つは、「人と比べる必要もない」と言う。親子であれば遺伝子が似ているため、肌に 合うものも似ている傾向にあるが、一人ひとりの目鼻立ちや指紋が違うように肌も違うため、実感には当然違いが出るからである。
この2つの思いから以前はまったく掲載していなかったが、お客様や社員から「参考にしたい」との要望が多かったため、現在では掲載するようにしている。

ページトップへ